在宅医療

「生きる」に寄り添う

“住み慣れた家で最期まで暮らす”

これは、住み慣れた家や施設で最期を迎えるという意味ではありません。できるだけ本人の意思を尊重しつつも、最終的には病院へ緊急搬送となる場合もあります。しかし、重要なのは最期を迎える看取りの場所がどこかではなく、住み慣れた家・施設で生きたこと、住み慣れた地域で生きたことが大切ではないでしょうか。住み慣れた場所で「生きた」結果として看取りがあるのです。住み慣れた地域で「生きる」ことに寄り添い、安心して「生きる」ことに焦点を当て全力でサポートしていきます。肩の力を抜いて、私たちと一緒に人生という物語について考えていきましょう。

在宅医療のご案内

医師が月2回(概ね2週間に1回)定期訪問

ご家族の方が、病院まで送り迎えるといったご負担はございません。私たちが訪問いたします。

各施設や皆様と連携をとって安心サポート

各施設や多職種との連携を行い、利用者様とご家族様が人生の最期を安心して過ごせるよう、「人」と「人」とのつながりを大切にしながら、全力でサポートさせていただきます。

※ 他の在宅療養支援診療所や病院とも連携を取っています。

1人目の先生につながらなくても他の先生でフォロー

急変時や終末期の場合などは、時間や回数に関係なく医師の往診や看護師の訪問が可能です。

※ 急変時で入院治療が必要と判断された場合は、病状に合わせてご家族の希望に沿った病院へ搬送させていただきます。病状が安定し退院したあとは引き続き私たちで治療させていただきます。

在宅医療の費用

在宅医療の対象者は主に外来通院が困難な方です。

毎月3千円~9千円程の自己負担 (1割負担の場合) 医師による月2回の訪問診療及び24時間緊急対応いたします

※国が定めた診療報酬に基づいて診察料を算定させて頂いております。

※深夜等に往診した場合、診察料の加算が発生いたしますが
 自己負担1割の方の場合で月に1万8千円が上限です。

※所得により上限金額に段階がございます。ご相談ください。

実施可能な医療内容

  • 診察
  • 検査(血液検査、尿検査、血糖検査、心電図、ポータブル超音波、各種培養、病理検査)
  • 治療(内服、点滴)
  • 経管栄養(胃ろう、腸ろう、経食道胃管)の管理
  • 中心静脈カテーテル挿入、中心静脈ポート管理
  • 中心静脈栄養の管理
  • 人工呼吸器の管理
  • 在宅酸素の管理
  • 気管カニューレの管理
  • 吸痰処置
  • 褥瘡の処置・治療、その他縫合などの創処置
  • 皮膚腫瘍切除、巻爪処置 等
  • 関節穿刺
  • 心肺蘇生
  • 癌性疼痛の管理、麻薬の管理
  • PCAポンプの管理
  • 精神的サポート(本人、家族)
  • 各種カテーテル(尿道留置カテーテル・腎盂・カテーテル・膀胱ろう 等)の挿入、交換管理
  • ストマ(人工肛門、人工膀胱)の管理
  • 在宅リハビリ(PT、OT、ST)
  • 嚥下機能評価(内視鏡による)・嚥下訓練
  • ボトックス治療(四肢痙縮に対して)

お問い合わせ

Tel.076-253-5001
月~金/9:00~17:00 ※土日祝祭日は休業です。
お気軽にお問合せください。

在宅診療相談室

〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目213番地 Tel.076-253-5001 / Fax.076-253-5002

Copyright kagayaki clinic All Rights Reserved.